キッチンの設備を整理している男性

ガラスの交換と修理

青い換気扇

ガラスが割れてしまったという時はしっかりと修理をしなければなりません。防犯としての意味もあるガラスは破損していては意味がなく迅速な修理交換が求められてきます。しかし、ガラス破損は家財保険対象となることが一般的です。よって、第一にとる行動は家財保険の確認や保険会社への連絡が望まれます。保険会社によっては、ガラス修理専門業者の指定を行う事もありますし、各自でガラス修理専門業者を依頼するよう指示してくることもあるので、それらの指示に従って行動をとらなければなりません。家財保険会社を通すことは、通常よりもガラス修理の期間延長が考えられます。しかし、費用の問題では、負担軽減につながる結果となることが多いので応急的な自己処置はやむを得ないものとなります。

家財保険は火災保険の中に含まれている事が多いです。しかし、家財保険のオプション形式となっていることもあるので、火災保険に入っているが家財保険には入っていないケースもあります。家財保険を適応する前に確実な確認をしなければなりません。家財保険内容の中には、保険適応するための費用が必要となってくることもあります。この事は要注意しなければならないことであり、「自己依頼によるガラス修理費用」と「保険適応によるガラス修理費用」を前もって自らが算出する事が重要です。小さな窓ガラスの修理平均相場は3000円から10000円と言われています。保険適応する場合、1000円以下の手数料を必要とする事もあるので、保険適応が全て得となるとは限りません。逆に、大きな窓ガラスで数万円の自己依頼費用であれば、保険適応したほうがお得になることは言うまでもありません。保険適応時には、自身による前もった相場の調査も必要となります。