キッチンの設備を整理している男性

オール電化のリフォーム

ドライバーを持つ手

近年オール電化にリフォームする家庭は増えており、オール電化にする理由としてさまざまですが多くは光熱費の節約にあります。例えば、プロパンガスを使用している住宅であれば、割高なプロパンガスを辞めてオール電化にすることで光熱費が節約できることや、オール電化にする際に深夜料金プランにすることで、電気代を節約することが可能になります。オール電化にする場合は、ガスコンロをIHヒーターキッチンに変更し、ガス湯沸かし器を電気給湯器に変更する必要があります。

オール電化には光熱費を節約するという最大のメリットがあるほか、大小さまざまなメリットもあります。例えばIHクッキングヒーターにした場合には、火を使わないため夏場でも部屋が暖まりにくいというメリットがあります。それによって今までエアコンを強めに設定していた場合でも、弱めに設定することで電気代を節約することが可能になります。また、火事になりにくいということもあります。その反面、オール電化には問題点があることを知っておく必要があります。まず、深夜料金のプランに設定した場合、昼間家に人がいないのであればよいですが、昼間に電気を使うことが多いと割高になってしまうという問題があります。また、停電した場合何もすることができず、活動が止まってしまうという問題があります。